モデムとブロードバンドルーターの違いについて

モデムについて

1

モデムとは、昔も今も使われていますが、インターネット回線の信号をパソコンで認識できるように交換する機器のことを指します。モデムは、昔ダイアルアップといって電話回線を直接用い接続するときにパソコン内に入ったモデムに電話と回線をつなぐ、もしくは回線のみをつないでFAXや電話を接続しました。

電話やFAXをそのパソコンの内部のモデムに接続するという事はパソコン内のモデムを使ってインターネットに接続した状態で、電話やFAXを使うことができました。パソコンにインストールされたモデムと回線との接続はFAXをつなぐときのようなビープ音によってダイヤルアップ接続が確立されました。

ピーピロロという音でデータをやり取りしていたのです。ダイヤルアップ接続は現代は使われていません。なぜならダイヤルアップ回線、ISDNといったものは現在世に出回っている、光、ADSL、CATVという群のブロードバンド通信(高速な通信)と異なり、ナローバンド通信(遅い通信)と言われるようになり低速な通信は過去のものとなりました。

しかし、現代でもモデムは使われています、最初に書いたようにインターネット回線接続をパソコンでやり取りできるように変換する役目を果たします。モデムは現在使われている、光通信、ADSL、CATVにも使われています。簡単に言えばルーターの前にあるのかモデムです。モデムなくしてインターネットはつなぐことができません。ルーターの中にはモデムという機能が備わっているという事です。

 

ブロードバンドルーターについて

2

ブロードバンドルーターはモデムの後に接続されます。現在ではモデムの機能が入った機器を簡単にルーターと言うケースがあります。ルーターと言えばモデムも内蔵された機器のことを示します。ADSLモデムやCATVモデムはパソコンを一台つなぐことができますが、それ以上つなぐにはルーターが必要になります。

ルーターを介して、やっとハブがつなげます。ルーターは機能としてDHCP(Dynamic Host Configration Protocol)を持ち、各パソコンにIPアドレスを付与します、このIPアドレスが付与されることによって始めて、ネットワークとしての機能が動作します。

DHCPなしでネットワークにつなぐためには静的IPを設定するなどの方法しかありません。DHCPは動的なIPアドレス付与システムです。静的なIPアドレスの設定はIPアドレスが変動しては困るサーバーへの設定、Identificationを明確にする必要があるパソコンへの設定(企業内イントラなど)が基本的に使われます。

Wifiのモバイルルーターなどもこの機能が入っており、何台までDHCPを発行してつなげられるといった制限もあるはずです。

 

 

ルーターモデムの違いは

3

現在使われている物でモデム単体のものはパソコンを一台しかつなぐことのできないCATVモデム、ADSLの一部のモデム(ADSLの中でも低速なもの)はモデム単体としての機能が入っており、そこにルーターを接続することによって始めてファイアウォールのような役割をルーターが果たして(ルーティングという)外部からの不正アクセスを遮断したり、必要のないアクセスをコントロールしたりすることができます。

無線LANを飛ばせる物はルーターになります。無線を飛ばすまでにはモデムがあり、ルーター機能が備わって初めて無線LANでインターネットを接続することができるのです。

4

 

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る