IP電話とは本当に便利で安い電話なのか?そのメリットとは

一般的に、電話というと電話網を使った固定電話か、電波を使った携帯電話を連想されるのではないでしょうか。

最近、「IP電話」という言葉をよく聞くようになってきましたが、一体「IP電話」とはどういうもので、どのようなメリットがあるのでしょうか。

IP電話とはインターネットを電話回線に使う技術なのです

IP電話とは、一般的な電話回線が使用している専用の電話網を使う代わりにインターネット網を電話網として利用して通話を行うサービスです。

音声をデジタル変換してインターネットに送信し、受信側はそれを音声に復号して声を伝えます。

IP電話のメリットとデメリット

IP電話は、一般的な電話が専用のインフラを使って音声を届ける代わりにインターネットを利用するという点に特徴があります。

その為、一般的な電話と比べると電話料金が安いという特徴で、多くの場合は固定電話と携帯電話向けのどちらにおいても通話料は安くなり、しかも距離に関わらず固定となるのがメリットです。

同じ理由で国際電話も通話料を大幅に引き下げることが可能です。

加えて、同じ事業者のIP電話同士での通話は無料というのも大きなメリットとなります。

もちろん、IP電話同士であれば海外との通話も無料となります。

デメリットは、ネットワークの状況によっては音声遅延やノイズの混入があり得るということです。

また、0120や0080、110番、119番などに電話をすることができないと言うことも覚えておく必要があります。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る