IPソフトフォンの利便性

Wifiを使用してスマホで簡単にIP電話を導入

IPソフトフォンとは、Wifiを使用してIP電話回線を使用する方法です。
この方式ではもっぱらスマートフォンが使用されることが多くなっています。IPソフトフォンはスマートフォンのWifi通信を使用しますので、通信SIMも必要ありません。電話を開通させるには、専用のアプリケーションをインストールするだけで完了してしまいます。

IPソフトフォンの利点

IPソフトフォンは、Wifiがあれば電話として使用することが可能です。モバイルIP電話の場合はWILLCOMの電波が届かない場所では通話できませんが、IPソフトフォンはWifiがあれば通話が可能なところが利点です。Wifiは、Wifiルータを使用すると日本の人口カバー率99%を誇るエリアで通話が可能となり、モバイルIP電話のデメリットをカバーすることが可能です。

もちろん、IPソフトフォン電話は個人用のスマートフォンにWiFiIP電話のアプリをインストールして、携帯電話とIP電話両方を使い分けることも可能なので、ほとんど全ての場所でIP電話を利用することが可能となるのが利点です。

電話番号は、IP電話同様、固定電話の電話番号を設定することも可能ですし、フリーダイヤルの0120、ナビダイヤルの0570と言った番号の発着信が可能です。

IPソフトフォンは音声圧縮技術によって通信帯域を抑えることが出来ますので、1つのWifiアクセスポイントに対して10台の電話を接続することが可能です。これによって、かなりのコストダウンが可能です。

もちろん、IPソフトフォンをビジネスIP電話の子機として使用することも可能です。

IPソフトフォンのデメリット

良いことばかりのように見えるIPソフトフォンにもいくつかの弱点はあります。それは、Wifiを使用することによるセキュリティリスクです。外出時にIPソフトフォンを使用する際にはセキュリティ対策を講じておく必要があるでしょう。もちろん、当たり前の話ですがWifiの無いところでは使用することが出来ないので持ち運びを忘れないように注意をする必要があります。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る