WiMAXとワイモバイル(旧イーモバイル)の違いについて

WiMAXワイモバイルの違いの前に共通点です。弊社では月額料金は全く同じです。Wi-Fiルーターを持ち歩けば、外出先でも利用可能です。
ではWiMAXとワイモバイルの違いです。まず、通信エリア比較です。結論からいうとワイモバイルの方が通信可能エリアが広いです。ですが、高速通信可能エリアという観点で見るとWiMAXの方が上回ります。WiMAXは単一の回線を利用していますがワイモバイルは高速回線(LTEエリア)とG4エリアを使い分けています。わかりやすくいうとワイモバイルの高速回線エリア(4G)は都心の一部であり、LTEエリアを外れるとG4エリアでの接続になります。
次に利用に当たってのプランです。ワイモバイルは月間7GBの利用で、通信速度が下り最大128KBまで制限されます。また、ワイモバイルは24時間のうちに300万パケット以上の利用でも制限がかかります。逆にWiMAXにはギガ放題のプランを選ぶ事で月間利用料の上限がなくなります。また、ワイモバイルの速度制限は2GBあたり2500円の追加支払いで解除できますがWiMAXは3日間1GBの速度、動画視聴制限は解除することができません。
以上のことからWiMAXが向いているのは自宅の固定回線として利用することをメインとする方、利用料の上限を気にしたくないユーザー、複数端末をインターネットに接続したい方に向いていると思います。逆にワイモバイルについては移動が多く、エリアを重視する方、複数端末をインターネットに接続するが多くのデータ通信を行わない方。こうしてWiMAXとワイモバイルは月額料金は変わらないものの利用用途によっては契約を選択する際に検討が必要です。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る