IP電話はレンタル可能です。

数年前、フリーペーパーの事業をしていた時の経験談です。そのときにテレコールで各お店のアポイントを取り、広告出稿のお願いをしていました。
普通の電話回線だと、1日数百件にかけるため、かなりの金額になります。最初は単純にパートさんを雇い、一日中、テレコールをさせていました。だいたい6時間くらいでしょうか。朝から晩までひたすらテレコールです。そして、1ヶ月の電話料の請求がきました。その請求をみてビックリ!なんと数万円の表示があったのです。確かに考えてみれば、普通に使っても数千円はかかり、それがずっと毎日利用するわけですから、相当な金額になります。
そこで、割安だというIP電話を検討することになりました。知人の紹介で業者を紹介してもらい、早速契約。
業者から聞いた話は、通話料は格段に安いとのこと。具体的な金額は忘れましたが、非常に割安だったのを覚えています。
契約の内容は、IP電話の機器一式を借りて使用するという方式。契約期間は5年間でした。毎月、機器レンタルの定額料金を支払い、その他に通話料がかかりました。
同じ作業をパートさんにやってもらったところ、請求金額をみてビックリ!今後は前回の請求の半分以下になっていました。実際は、それよりも低い金額だったと思います。その金額に非常に嬉しくなり、もう満足していました。
しかし、フリーペーパーの仕事もあまり取れなくなり、初めて2年間で撤退することになりました。そこで困ったのがIP電話の契約でした。契約期間は5年間であり、一括で契約をしてしまっていたのです。業者に連絡し、解約をお願いしたのですが、聞き入れられず、結局、残りの3年間はレンタル料金を支払いました。
ただ、その機器のレンタルですが、契約が終わった後、返却してほしいという連絡が来るかというと、それはなく、返却の必要はありません。
テレコールなどの電話をたくさん利用する業種の場合には非常にお得な通話方法かと思います。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る