IP電話って意外と簡単に始められる

電話って様々なタイプがありますが、それぞれメリットとデメリットがありますよね。私も仕事柄使いにくいな~と感じてしまうことがあります。それだったらIP電話ってどうよ?というのを友人に聞きました。
IP電話という名称だけ聞くとなんだか契約やなにかが面倒そうだし最終的にかかる料金が高額になりそうなんていうイメージがあってなかなか考えられませんでした。しかし、それはあくまで私の思い込みだったようです。それまでの固定電話や携帯電話と異なるタイプなだけにどこかに固定観念のようなものがあるんでしょうね。こういった使い方もあるということを知ると電話代にかかっていたお金もぐっとおさえられるようになるかもしれません。
例えばこれは私の友人の例ですが、彼女になった人とたくさん話がしたいとレンタルのIP電話を自分で契約して恋人に一台渡していました。友人が転勤などで遠距離になってしまったために一生懸命考えだした対処法だったのですが、これが彼らにはピッタリ合っていたようです。電話代を抑えられるうえにお互いに気持ちよく電話ができたのか気持ちをしっかりつないであっさり結婚して幸せにしています。普通にお互いの携帯電話で電話するよりもずいぶん安くで済んだそうです。これだけ聞いてもとても魅力的でした。
私が以前遠距離の彼氏と固定電話で話していた時は思い出すのも恐ろしいくらいの金額が電話代に消えていました。固定電話+メール代でしたが、これがもしIP電話同士で電話していたら電話料金分はほとんどかからなかったわけですから。当時知っていたら…と大いに悔みました。電話工事代金もかからないし、面倒な手続きもないし、仕事上のもう一つの番号もちゃんともてるし、プライベートとビジネスを使い分けられるのは嬉しいですよね。私たちも導入しようかなと考え中です。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る