ケータイ逆転送の仕組みとは?①

自分の携帯電話の番号を知られたくない。顧客信頼度を上げるために固定電話番号が欲しい。
用途は様々ですがそんなときに便利なのがケータイ逆転送サービスです。

そもそもケータイ逆転送サービスとは何か?
ケータイ逆転送サービスとは、携帯電話からの発信や着信を固定電話の番号を利用して行えるというものです。
そのため携帯電話しか持っていない個人事業の人は逆転送サービスを利用して固定電話番号を取得することによい顧客の信頼を得ることができます。
ほかにも様々な用途がありますが、ケータイ逆転送サービスの仕組みとはどういったものなのでしょうか?
例えばあなたが相手先に自分の携帯電話番号でなく固定電話の番号を使用してかけたいとします、その場合まず業者が指定する番号に発信しサーバーに接続されます。
ガイダンスに従って相手先の電話番号を入力すると、携帯電話番号から固定電話番号に変更されて電話が転送されるという仕組みになっています。
逆に相手先があなたの固定電話番号に発信をすると、サーバーを介して電話が転送されあなたの携帯電話に着信がくるという仕組みです。
ちなみに電話をかけてきた相手先は電話が転送されることに気づくことはありませn。
ケータイ逆転送で注意したいのはサーバーを介しての電話は通話料が変わってきますので業者ごとに通話料の確認が必要です。
さらに注意が必要なのは、発信する場合は必ず業者指定の番号に発信をしてからでないと携帯番号のまま発信することになるので注意しましょう。

いかがでしょうか?今回はケータイ逆転送の仕組みやケータイ逆転送とは何かについてご紹介しました。
最近は価格競争も激しく低価格で利用ができるので、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る