ビジネスIP電話について

ビジネスIP電話にはいくつかの導入メリットがあります。

導入に当たっての工事や設置についての窓口は通信キャリア、もしくは通信工事が可能な電機メーカーというところになります。一般のビジネス電話と異なるのはシステム構成です。通常は交換機(PBX)の下に固定の電話機や個人用の子機がぶら下がる形になります。ビジネスIP電話も見た目はかわりません。しかし大きく異なるのは電話をつなぐにあたってのバックボーンです。屋外のインターネット網から社内のIP網に引き込むにあたって、IP-PBXを導入。そのしたは社内LANにつながる電話機をつないでいくという形になります。もちろん、電話の通話もIP網を使うことになります。以前はIP電話は電話の通話に後れが出るといった話もありましたが今は技術的には何も問題はありません。
では次に導入によるメリットです。まず、一番わかりやすいのは同じIP網でつながる電話であれば通話が無料になるというところです。簡単に言うと別事業所間のIP電話の通話も無料になるというメリットがあります。さらに大手携帯電話会社との提携があれば、同一名義の法人電話の料金も定額料金になり、非常にコストメリットがあります。また、同一IP網ではない国内通話も全国一律料金というプランを設定している通信キャリアもあれば、海外への通話も格安で設定しているところもあります。また、電話以外の通信のメリットもあります。たとえば、テレビ会議システム・電話会議システムです。IP網を生かしたテレビ会議を多拠点でシステムとして提供できるのもIPビジネス電話ならではのメリットです。こうした導入メリット、コストダウンがあるからこそ、IPビジネス電話の導入が進んでいるわけです。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る