携帯各社の電波について

携帯各社の電波についての内容です。

一括りに電波と言ってしまうと、目には見えないし大差ないと思います。
ですが、結構大事なことだったりします。

ちょっと前まで、ソフトバンクがプラチナバンド獲得しました!
みたいなニュースやCMがあったと思います。
それだけ携帯各社の持ってる電波というのは大事なのです。

そもそもプラチナバンドってなんでしょう?
簡単に言うと数値の低い周波数です。
と言っても700MHz~900MHz帯を指すので、低いという実感はあまりないかもしれませんが、他の電波は2500MHzなど、数値が大きいのでここと比べたら明らかに低い周波数になります。

このプラチナバンドを古くから通話用エリアとして活用しているのはドコモだけです。
ソフトバンクも通話用エリアとして使っておりますが、まだ歴史が浅いという状態です。
auは通話用としては活用しておりません。
ですが、auは別方式のエリアを持ってるので強みがあります。

プラチナバンド絡みの話で行くと少々ソフトバンクは弱いかもしれないという状態です。
ただ、実感できるほどの大差はないと思います。

残りの違いは持ってる電波の数です。
こうなってくると一気にソフトバンクが強くなってきます。
国際的によく使われている周波数を独占しております。
混雑時などの対応が完璧になればかなり強い会社になります。
auとドコモに関してはあまり大差がないという状態です。

各社のまとめをします。
ドコモ
持ってる周波数は少ないですが、1点を極めた電波運用をしております。
周波数変更時の途切れなどが起こりづらい会社です。

au
所有周波数は少なくありません。
方式の違う電波を持ってることで、途切れなどが起こる可能性はあります。

ソフトバンク
所有周波数はナンバーワンです。
まだ、持ち始めたばかりなので、、もっと各エリアを広げれば強いです。
周波数変更による途切れが目立つ可能性があります。

関連記事

dairiten_w2

おすすめ記事

ページ上部へ戻る